FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作詞家列伝:千家和也


作詞家、作曲家の地位を及ぼしかねない存在が


フォークソングの台等であった。


いわゆる、シンガーソングライター。自分で作って、自分で歌う。


吉田拓郎を先頭に、井上陽水、ユーミン、中島みゆき等。


今回は作詞家としてのお話ですので、省略します。


昭和をになった、阿久悠、なかにし礼から、新し世代に突入します。



奥村チヨが起死回生に放った、「終着駅」。


作曲は、歌手でのちに夫になった浜圭介。(「石狩挽歌」、「舟唄」等)が担当し、


作詞は、千家和也であった。


♪落葉の舞い散る停車場は悲しい女の吹きだまり・・・


曲も新鮮だったが、詞もいい。


2番の


♪肩抱く夜風のなぐさめは 忘れる努力の邪魔になる・・・


お~、才能。凄い。


この作品を皮切りに、


三善英二の「雨」。


♪雨に打たれても まだ待つ人がいる・・・・


この詞も、絶品でした。続けざまに、平浩二の「バスストップ」。


内山田ひろしとクールファイブの「そして神戸」


♪神戸~泣いてどうなるのか・・


素晴らしい出だしである。


殿様キングスの「涙の操」、西川峰子の「あなたにあげる」。


女のあげ放し状態であった。



アイドルにも、麻丘めぐみの「芽ばえ」、「私の彼は左きき」。


野口五郎には、「君が美しすぎて」。


林寛子の「素敵なラブリーボーイ」。


忘れてはいけない、キャンデーズを人気もにした「年下の男の子」
(ここから、センターはスーちゃんから、ランちゃん変わっての大ヒット!)


渋いところで、森川美穂の「教室」。


麻生よう子の「逃避行」。これまた、最高の詞である。



やはり、名をしらしめたのは、山口百恵の「ひと夏の経験」。


♪あなたに女の子の一番 大事なものをあげるわ・・・


衝撃的、かつ、大胆な詞。


この千家の詞により、百恵は大ブレイクし、


のちの詞は、「横須賀ストーリー」等の阿木曜子に受け継がれる。


つづく。

スポンサーサイト
【 2009/11/26 (Thu) 】 作詞家列伝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。