FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
カテゴリー  【 未分類 】

なのに、岩佐美咲!


ベッキー、SMAP、ときて、


石坂浩二の大御所のテレ東のいじめとくる。


なんか、


あの世界の


ドロドロが一気に噴出したかのように・・・



巷では、


小保方のような、しれ~っと、


出版で、苦しい言い逃れに終始し、一儲けたくらむ。



ほんまに、



怖い、怖い、世の中に、なりました。



そこで、


いきなりですが、本題です。


今年、めだく、AKBも卒業した、岩佐美咲(誰や?その子ですが・・・)


あの演歌を歌っている子です。


過去、秋元が仕掛けた、おニャン子クラブでは、


城之内早苗みたいなものです。


ちなみに、私、「あじさい橋」は、ともかく、


当時、城之内の「流氷の手紙」、「金沢の雨」は、レコード買いましたから・・・ネ。



その遺伝子は、



AKBでも発揮され、


それが、岩佐美咲となりました。


デビュー曲の「無人駅」(ダウンロードしました)は、


演歌としては、いい楽曲でしたが、


城之内の「あじさい橋」のように、ヒットにはならず、


今作「ごめんね東京」で、5曲目となります。


個人的には、苦手な顔立ちですが、


なんか、応援したくなる感じです。親心みたいなものですかな。


このミュージックビデオが、


珍しくも、ワンカット撮りです。


いい、仕上がりです。聞いて下さい。見て下さい。


再度、ワンカット(強調!!!!)です。


どうぞ!





*ついでに、オマケを。

【 2016/02/06 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

SMAP騒動、メディア大本営発表の嵐!



誰が



裏切って・・・


誰が、


のさばった。


あの立ち位置で、察せられる・・・。



あと、


フジテレビの

情報番組で、


この会見の始まる前を、裏側を放映していたが、


ディレクターの指示、「中居さんは下手に!」の言葉が物語る、粛清。


でも、


あえて、これを、流したフジテレビの別番組。

これを流した意図は?


見せしめか?


または、


気概をもって、


”みなさん、実情は、こんな仕打ちですよ!”を

訴えたかったのか・・・・?



後者と、願いたいのですが?




今、


何故か、


頻繁に、流れる、


キムタクの着物CM。




怖いよ~!


恐ろしいよ~!



*唯一、夕刊ゲンダイが見出しに踊る、「公開処刑!」の文字、


後、


明日の週刊文春が、どんな記事をのせるのか?

ここは、

かなり、過去に、

ジャニー喜田川の愛好、美少年問題を、シリーズで取り上げたり、


また、


まさに、この問題の出発点でもある、

去年、1月には、

メリー、ジュリー親子と、SMAPの飯島マネジャーの軋轢を報じ、、

メリーの「SMAPを引き連れて、出て行きなさい!」発言の記事が


話題にもなった・・・。



まあ、

とにかく、

芸能界らしい、


出来事でもあることは、間違いない。



【 2016/01/20 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ちっぽけな無様。


年頭にあたって・・・


の、書き出しが、いい、年ぐわい。



とにかく、


年の始まりに、もの思う。


去年のパリのテロ事件があった。


人々は祈った。

だが、ローマ法王は語った、「祈るだけでは、ダメだ。”Think”しないと・・・」


”Think”。


そう、”考える”。




共鳴した。




人は、常に、物事に対峙するとき、憂いだけに走る。


だが、そこから、”考え”ないと、


何も、アクションは起こらない。




とても、とても、悩ましい。


確かに、ひとりの力は無力かもしれない。


けれども


ひとり、ひとりが、考え、行動を起こせば、それが、どれだけ、小さなことであっても、


小さな”種”は・・・



と、書いて、


これ、何?ほざいているの?の感じですか?



でも、


これも、考えささせられた、ひとつに・・・。



石原さとみが、何か?変わった。一皮向けた感じ?



その理由がわかった。



NHKのドキュメント特番、「石原さとみ アフリカへの旅“いのち”に魅せられた9日間」。


映画「風に立つライオン」のアフリカの医療の現状を描いた映画が出演がきっかけで、


再度、アフリカに立つ。



いろいろな関係者の再会も含め、


悲惨な医療の現場と、


幼く、誘拐され、少年兵にされた人たちの苦悩、


笑いを失った人々に出逢う。


石原さとみは、語る。


私も、どんな小さな種であっても、


蒔かなければ、何も始まらないと・・・、


私なりに、始めてみると・・・


真摯に語る。


石原さとみ、いいじゃいか。






昨今、


”終活”ブーム。


人生の終わりを、どう締めくくるかを。



あるイベントには、1600人が来たとか・・・


棺おけ体験したりとか、


いやはやのこのブーム。



でも、


これって、



自分の終焉を飾りたいだけの


典型な考え。


責めるつもりもない。



人は、自分が、一番、可愛いもの。




でもね、




でもね。



そこから


二歩、、一歩、



いや、半歩でもいい。



下がって、ものを”Think”しないと・・・・



世の中は、



何も変わらない。




と、


取りとめもなく、


まとまりもなく、書いたが、


私なりの今年の”Think”と、行動が、


小さな、”決心”でもあります。






ちっぽけな無様で、よろめくな、あわてふためくな、


腰すえて、どんと、いきましょか!!!!!!





【 2016/01/04 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

乃木坂46、いざ、紅白!

乃木坂、

遂に紅白!


何も言うこと、ありません。


ここまでの道のりからして、

紅白記者会見の生駒の姿が、物語っています。


おめでとう。


西野七瀬センターの「気づいたら片思い」が効起爆剤となり、


後は、「夏のFree&Easy」、「何度目かの青空か」、「命は美しい」、


「太陽ノック」、「今、話したい誰かがいる」と、乗っている。


今や、新鮮さ、初々しさ、アイドルらしさは、乃木坂の独檀場!


AKBの背中に手が届きそう。


いや、抜きそうか?

とにかく、乃木坂46の紅白が楽しみ!


年甲斐も無く・・・。

すみません。



*紅白余談

あのバンチキが出る。今更に不思議?何故?

レベツカ、もういいよ。


【 2015/11/27 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

松井玲奈ファンに、遅ればせながら「枯葉のステーション」。

今更に、


SKEを辞めた、松井玲奈のがソロで、5年前のSKEアルバムの一曲、「枯葉のステーション」を


たまたま、ユーチューブで聞いた。


これが、これが、


久々に


昭和歌謡の香り、満載、


アイドルの王道を行くような曲に


ビックリ、唖然・・・。



いいのだ、


このしっくり感、


松井玲奈の表現力。


え~っ、


そんなの、AKB、SKEファンからは、


何を、今更でしょうが・・・。


どうぞ、お聞きください。



名曲です。

【 2015/11/01 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

武器輸出解禁って、他国の戦争援護?



安保法案には、


あれだけ、反対の大声をあげていたのに、



日本の武器輸出解禁には、意外にも、スルーパス?



不思議?



この武器輸出解禁ということは、


今までは、自国を守るための、武器製造だったが、


これを、他国へ輸出するということは、


その国で戦争が起これば、その武器が、使用されるわけで、


間接的には、戦争加担に等しいということってなる訳。


これで、いいの?



何故、異を唱えない?



おかしい日本?


安倍の殿様気取りは、どんどんと右翼化してる。


きたら、やり返す!


武器応援もする。


怖い、怖い・・・・。


貞子よりも怖い!!!!


安倍殿、


経済大国を、めざすためなら、


武器で、一儲けもたくらんでいる。


まあ、財閥や、経済界のためなら、


法律も何のその!



あの新派遣法など、悪法そのもの?


たとえて言えば、”奴隷制度”かな?


ずっと、ずっと、非正規で縛りあげて、


使い勝手する。使い捨ても出来る。


まさしく、奴隷制度じゃん!!!!



これで、日本の貧富の差は縮まらないし、


少子化はとどまることはない。


未来を託せない人たちが、大勢を占めるようになった国に


先行きなど無い。



こんなこと、


小学生でもわかるのに・・・。



みな、



目をつぶって、


自分さえよければいい。


この日本って、



これでいいの?


いいの?



二階堂ふみ様は、乃木坂の西野七瀬ちゃんは、


どう思っているのかな?

【 2015/10/08 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

やっぱ!ラブリ!朝までハシゴの旅、もっている!!!



今夜の


「笑ってコラえて」の人気コーナー「朝までハシゴの旅」、


4番バッター、これでブレイクした、ラブリ、今回は、京都編!

raburi.gif



このラブリ、


まあ、もっている。


面白いネタのある人を引き込む力!


これぞ、ラブリ!


ただ、その運ではなく、


瞬時に、この人と交じり合うと、見抜くを力も持ち合わせている。


これぞ、芸能人。



いい。



また、その上、会話力も半端なく、上手い。



この才能を、意外に見落としてはいけない。


要点を突いた質問、突っ込みと、上手い!



ラブリ、頑張れ!




で、



あと、



桐谷美鈴が、ダーツの旅に出かける。

mirei.jpg



高齢者には、知名度はないのがつらいが、


どうにか、こなした。


人見知りという。


このお方、


京都の龍安寺の石庭をじっくり1時間、見てて飽きないと語る。初耳。


いい子、なんだ。


好き。

【 2015/09/09 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

佐野と小保方、史上空前の対談実現!!!



小保方「いや~、うれしいわ~!!!」



佐野「何でやねん?」



小保方「私の仲間入りして!」



佐野「アホ!俺は、アンタと違うわ!」



小保方「似たようなもの・・・、まあ、似た者同士、

     ♪、貴様と俺とは、同期の桜・・・♪



佐野「歌とる場合か!戦時中か!」



小保方「それにしても、私たちって・・・しょうがないわね・・・」



佐野「何が?」



小保方「インターネット世代だもんネ。ネットを駆使して、

     労せずして、情報が収集できるもの。

     昔は、世界の本か、自分の足で、情報等をかき集めたものが、

     今では、簡単に、さも、自分に手に入る、苦労知らず世代。

     写真でも、掲載無料写真もごまんとあるし、楽チン、楽チン・・・

     私なんか、論文、ほとんど、

     他のものを”コピペ”で、お手軽に製作したし、

     年寄りなんか、騙すなんて、ちょろいちょろい・・・」


佐野「う~ん・・・、熱く、語るな~!よし!!!!」



小保方「どうしたの?」



佐野「この勢いで、俺たち、コンビ組まないか!」



小保方「どんな?」



佐野「お笑いコンビとしてや!よし、このギャグ、かましたるわ!

    ♪パクリたいんだから・・・


小保方「それは♪あったいかいんだから♪やろ、もう、古いわ!

     私なら、歌でデビューよ、歌うわよ!

     ♪スタップ、ザ、シーズン イン ザ サン・・・♪


佐野「ストップやろ!やはり、手ごわい女やな!


   じゃ、俺も、負けじと、

  
 ”安心しないで下さい!パクリですから!」



小保方「素敵!それ、素敵!私のES細胞が色めき立つわ~!」



佐野「まあ、アホな事、言うとらんと、これから、どうしょう?」



小保方「ふたりで、熱く、合体は?」



佐野「この体位でいい?小保方さん、気持ちいい?」


小保方「これって、シックスナインやろ?これ、パクリやで!」


佐野「体位にパクリがあるのか?じゃ、発案者の許可を受けないと・・・」


小保方「早く、急いで連絡しないと!」



佐野「ありがとう!小保方さん!!!味方がおるのはいいわ~!」




*その後、佐野と小保方、その後、子宝に恵まれたとさ・・・・
  
      めでたし、めでたし・・・・


「日本昔佐野小保方話」より、引用。



【 2015/09/01 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

今更に、あえて、ゆきりんと手越問題で、ゆきりんを罰しない理由はこれ?



今更に


ゆきりんと手越問題。


AKBの恋愛問題は、過去にいろいろあったが、目立ったものでは、


指原の過去の男の文春への売り込みぶっちゃけで、


HKTへの左遷を味わい、(まあ、これが、糧となり、、また指原自信が逆手にとって、笑いのネタにして



世間をケムに巻き、一躍、さらに人気者へ。さらに、「恋するフォチューンクッキー」で、大ブレイクや、



峰岸の頭まるめてのイチから出直しの男勝りの度胸で、乗り切ったが・・・



このゆきりんは、事務所のアドバイスで、沈黙。無視。



これで、完全に、


普通のファンは敵に回してしまったが・・・


コアのファンは、まだ応援しているが・・・・



一般的に言って、



AKBの終わった感は否めない。



で、



何故、



ゆきりにおとがめない。


無視を決め込む。



あまり、マスコミは、あえて、書かないが・・・



やはり、



秋元サイドの、ジャニーズ事務所への配慮からくるもの。



この問題を、認めてしまい、ゆきりんをとがめれば、


手越との間を認めてしまう。



そうすれば、



手越の所属する、ジャニーズ事務所としては、やりにくい。



手越本人は、肉食で、確信犯で、



自分の恋愛テクをためすためで、


このゆきりんや、きゃり~ぱみゅぱみゅ、然り、


餌食になっただけ。



いわば、恋愛ゲームに講じているだけだが、


事務所サイドはそうはいかない。



ジャニーズの全体的なイメージを守らなければいけない。



こうして、


秋元サイドは、ジャニーズに配慮したわけが一番の答えでしょう。



要は、



芸能界。



互助会で成り立っているわけで。


指原、峰岸のようにお相手が一般人とは意味が違うわけである。


まあ、



どっちにしても、



芸能界、


悪行でさえ、何でも、メシの種にしまわないと、その度胸がないと生き残れない。



世間も、怒っているようで、


そんな芸能人に興味を示すのは、



芸能界に、非日常を見たいのだ。


【 2015/08/29 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

デザイナーのプライドは?


おいおい、佐野さん。


このオリンピックのエンブレムロゴは個人的に出したもの、


あのサントリーは会社としてだの・・・



あ~、情けない、言い訳。


どうもこうもない。



どっちも、あんたのモノ!


1点ばかりか、何作品も・・・


佐野ブランドでだしたのなら、


みんな、アンタのデザイン!


スタッフが、共同制作者が・・・?


何を、言っているの?



政治家が不祥事、起こして、「秘書が勝手にやりました!」の逃げ口上と、



何ら、変わりない!



あなたの、



プライドはないのか?



まあ、”トレースしました!”のやんわり肯定が、物語る、アホらしさ!



どっちにしても、



完全、パクリ!


確信犯!



東京オリンンピックエンブレムロゴは、そうではないというが、


手垢のついた、ロゴで


ケチのついた、ロゴで、


戦う選手も、応援する国民も、


やれやれです・・・・。


お口直しに
刀剣女子アクション「山三vs花園最終決戦」
【 2015/08/17 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

何故か、今度は清水富美加に続き、松井玲奈の夢を見た。




8月末に、


SKEを卒業する、松井玲奈の夢を見た。


さほど、ファンではないが、


この子の頑張り度は半端じゃない!


最近まで、

AKBに加え、

乃木坂46まで、兼任していた。



これって、凄くない!



振り付け、全部、覚えるんですよ!


SKE、AKB、乃木坂と・・・



あ~、失神しそう・・・



でも、乗り切ってしまったんだよね。



松井玲奈、あんたはエライ!!!!



この自信からか、


すべてを網羅したことで、


自分が見えてしまったのか・・・定かではないが、


女優業に、邁進する覚悟らしい。


遠藤憲一、互角に渡り合った映画「gift」も、ひとつの例か。




まあ、


それより、



松井の物怖じしない逸話がある。



過去、あの秋元本人に直談判で、


ここのサビの詞の箇所、変えて下さい!と訴えたそうだ。


江戸時代なら、直訴で、その場で、打ち首か?




そこは百戦錬磨の秋元、


すんなり、変えた詞を提供したそうだ。


で、やっぱ、元の詞がいいと、松井は納得したという。



それついて、秋元は、答えはわかってはいたが、


あえて、違うものを提供して、


最初の詞の良さに気づいて欲しかったと言う。



ここまで、AKBを一大コンテンツにのし上げたもののなせる業か。





話は、横道がそれたが・・・



そうそう・・・私が見た、松井玲奈の夢とは・・・


突然、現れた松井玲奈。


気安く、私に話しめる・・・。


そこで、私は、いきなり、


彼女への質問を始めた、その内容が摩訶不思議?



こう、尋ねた。


「あの乃木坂46の西野七瀬って、どんな子?」


松井は、平然と、


「そうね、ふわふわした感じ。」と答える。



また、私は聞いた。



「じゃ、橋本奈々未、ななみんはどんな子?」と。



松井は、すぱっと、



「ちょっと、とっつき難いかな?」と。



ふ~ん・・・と、想像通りだなと、うなづく私。



あれあれ、不思議な松井玲奈への質問、



一切、松井の事に関して聞かない、


何も、嫌いではないのに・・・



聞きたいことが山ほどあるのに・・・



質問は、七瀬とななみんの事だけ。




で、その後の展開は・・・



松井から、連絡先、教えて下さいとのたまう。



おいおい、この展開。


これは、夢のような(夢じゃわ!)松井の積極さに、



私は、取り乱しつつ、あわてて、


名刺を探すが、この日に限って、探せど無い!!!!!


じゃ、ペンとメモ用紙を取り出し、自分の携帯番号を書こうとするが、


そのメモ用紙が白から、まだら模様の色がついて、書けない。


またまた、あわてふためいて、


手帳を取り出し、書こうとするが、



今度は、ペンがふにゃふにゃとして、書けない!!!!!!!!!!


あ~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!




で、




そこで、




夢は覚めた・・・・・・。




あ~、夢か?



そら、そうじゃわな!



私は、いい年をこいて、


こんな夢、見る!


どないでしょう???????


これで、今月の夢は、


あの清水富美加ともキスしたし、


これで、いつ死んでもいいと、


そうは、思いはしませんが、


こんな夢見る、私は、



夢見る才能アリでしょ!!!!!




どうです、みなさん!!!!!!



あ~。遠くから、このど変態、変わり者!


ののしりが、聞こえてきそう・・・。




その声にも動ぜず、


西野七瀬ちゃんの夢を、今度は見ましょう!



みなさん、そのお話は、後日?


(聞きたくないわ!!!!!)



すみません。


【 2015/08/13 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

視聴率の合格点が今や、13%というこのテレビ末期!


今や、


テレビ視聴率、13%あたりで、合格点というのが情けない。


ドラマの「花咲舞・・・」も合格点とか、

10%でも、、よしよしという、


過去は、

20%超えてこそ、常識だったが・・・



ほんまに情けない。


今でも、その線ににいるのが、


「イッテQ」や、「鉄腕ダッシュ」ぐらいで、


もう、散々な状況。



そら、グローバルなSNSの影響もあるが、


テレビの出来というか、


スポンサーにおもねる作り方
(いいとこでのCMはさみ、コーナーの分断する見せ方、
何秒で、見せ場の告知とか、いろいろだが・・・)にも、かなり問題あるあることも



まあ、ひどい!


ドラマもひどい!


フジの花形ドラマ枠、あの月9の「恋仲」が、


唖然とする内容。


福士蒼汰と本田翼が主演。


それも、高校生役。



き、きつい!



どう見ても、高校生に見えない!



気持ち悪い、コスプレ!




これも、本田翼の映画「アオハライド」のヒットを受けてか、


携帯小説の王「恋空」を意識してか・・・



物語りも、アホくさく、古めかしい!


目が点になる!というのは、こういうことか、


みなさん、肝試しに、


一度、いや、10分間でも、見てください!


アホくさ~です!



このドラマ、「東京ラブストーリー」の再来を夢見ての、大多常務の肝いりらしいが、


結果、


初回視聴率、9パーセント台!のていたらく!


まさに、


今のフジの状態を象徴する数字である。



今年も、


フジの「27時間テレビ」、ダンスで押し切っているが・・・・


ひどいな~!


あのたんぽぽのバンジーギネスチャレンジもひどい、


ただ、酷使してるだけ、いやはや、ドクターストップに、そらなるわな!




ひとこと、



空回り!


淋しいな~・・・


【 2015/07/26 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

年甲斐もなく清水富美加と夢でKISSをした!



昨夜の夢は、


な、なんと、清水富美加とKISSをした。

fumika_20150717190628e62.jpg


臆して、こちらも年も考慮してか、、夢であるのにかかわらず、欲望を押さえ、


ソフトに加減して、唇に優しく唇をあてがうかのように・・・


いやはやです・・・


ほんまに、頭がおかしいいのでは・・・



遙か、過去、若かりし頃、夢の中で、


実家の庭で、


薬師丸ひろ子とSEXまがいをした、


実績?があるだけに、


とうとう、


とんだ、夢を見る、快挙?である。



これが、私の様、


にょにつに、表れているのが、すがすがしい・・・(どんな解釈や!)



そんな時に、

メディアは、


台風の被害状況と、


意図的な、総理の新・国立競技場のデザインの白紙で、


安保法案の事は、どこへやら・・・



しめしめの自民か?


こちらも、

清水富美加で、しめしめしている場合ではないのではあるが、


これが、人間の性か?



悲しい。



で、


又吉大先生の「火花」をさっそく買って、10ページ目で・・・


や~、才能、あるわ~!



そうすると・・・


今夜は、


又吉先生の唇を奪いそうで、


眠れない夜になりそう・・・



ごめんね、


富美加ちゃん!


(富美加ちゃんは、あ~、気持ち、悪~!、でしょうが・・・・・)


すみません。


【 2015/07/17 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

この国の末路!



日本。


何?


何故?


何したい?


もう一度、


経済大国?


この思い?



安部王子様。


過去、前回の首相時代、あのポンポン痛いで、辞め、


年金不明問題は、一人残らず、やると言い切ってことは、

何事もなかったかように・・・


返り咲きの首相になっても、またまた年金者データ漏洩問題も


我、関せずのごとく、



この問題の責任、誰一人、取らず、


この大事な年金のお金から、


お詫びの手紙を、年金者に送っている。


懲りない、人たち。



政府は、人事のように振舞う。



この責任逃避の人たちに、


国を、守れるわけがない。


守る手立ては、


戦争に加担する、集団自衛権に固執する。


中国の脅威に恐れ!



尖閣も、中国が、


本気で、実行支配するわけがないと知りつつ・・・



あ~見えて、中国、したたか、


日本のバックのアメリカに、ケンカなどするわけがない。


ジャブを打っているだけ。


中国も、仕掛けたら、


自らが、滅びることわかっているヨ。



日本。


正面に立ちすぎ。



スカスのも技。



技の工夫に、頭の柔軟さがない。


右な発想のそのもの。



「マスコミ、懲らしめてやる!」



おいおい、



戦前、


大本営発表に行きたいか。


おごり。


いえ、


あの遙か時代の自民党よりもタチが悪い。


三木もいない。


後藤田もいない。


理性のある人がいない。



日本の未来?


悪法派遣法は経団連の本音、「使い勝手が出来る!」。


こうして、



派遣者を増やして、



手賃金の労働者でまかなえば、


企業は潤うことしか考えない。



人材に投資することが、


日本の未来に、



どれだけの


富ではなく


夢が持てる、家庭もちゃんと作れる、人の幸せの潤いによる、


国のあり方の意味がわかっていない。




この国は、


いけいけどんどん!!!!!




あの3.11に感じた、思い、


幸せのものさし、


誰となく、謙虚さと、憂いに、




そして、何を反省し、



何を勉強したのか?



のど元過ぎれば、何とやら!



3.11の教訓は、



今後の日本の多数の犠牲を伴って、


考えさせるものがあったはずだ・・・。


メディアも、そうだったように・・・




あの「絶歌」を、


言論の自由の名のもとに・・・



銭もうけの化けの皮。



言論の自由など、


倫理観、道徳にあって、成り立つ。



アホどものつわものの宴に、


国民も


自分の利益に目を向けてばかりでは、


同じ、アナのむじな。




さすらう日本ではなく、


火山国のまるで、”日本沈没”のような、状況に


天罰の怒りは


収まることはないだろう・・・。




【 2015/07/03 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

乃木坂46に存在感が出てきた!


乃木坂46、


どうしてもAKB48の陰の存在として扱われてきたが・・・


当初、生駒がセンターで、そこそこの成果は出ていたが、


どうも脱しきれない、



だが、


動き出したのは、


生駒の”コマ”を動かし、AKBとの兼任の英断からか・・・


遂に、


稼動し始めた!



「気がつけば片思い」の西野七瀬をセンターとしての曲は


かなりの売れ線の曲もあいまり、


スマッシュヒット!



それから、


またまたの英断、


SKAの松井玲菜が兼任となり
(AKB、SKE、乃木坂のトリプル!いやはや大変、全曲の振り付けも覚えるや、
この3グループを、ちゃんとこなした自信、
また、映画「giftギフト」やテレビドラマ出演の演技の楽しさが
結果、今回の卒業へと繋がったのかな?残念だな~!)




ともかく、


このような企みと、刺激が、


それからは



「何度目かの青空」ときて、


最近作は、「命は美しい」は、


今回、乃木坂のカラーが、より濃く鮮明に、コンセプト可されている。


衣装もいい。


当然、美人の白石麻衣は不動の位置だが、


脇を固める、橋本奈々未(ななみん)


そして、生田絵梨花などが、


キャラも際立ってきた。


いよいよ来るか!


頑張れ、乃木坂!!!!!


ここで、


「命は美しい」をどうぞ!


次作曲は、

原点の生駒が、センターを獲得したが、

これが、吉と出るか、


さあ、どうなる?


補足。

「命は美しい」を完コピの高校生をご覧ください。感動の素晴らしさです!




特に、橋本奈々未役の子が、いい。


目を凝らして、見てネ。
【 2015/06/24 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

広瀬すずが可愛い!!!!!


今夜のとんねるずの「食わず嫌い」のゲストに、広瀬すず。


hirosesuzu.jpg



とても、社交上手。


とんねるず、相手に、


若いのに、上手にこなしている。



考え方も、自他とも認めるクール。


映画撮影などでも、


音声さんは、何故、この仕事に就いたのか?


何故、照明さんになったのか?とか、



つい考えちゃうとか。



いいね~!


いいよ~。


こんな思考の子、



大好き。


いいよ~!


ちなみに、


広瀬すずの嫌いな食べ物は、


エビチリでした。

というより、辛いものがダメだそうです。



これは意外。


まあ、いいか。




それと、


「海街diary」も、



いいよ~!



ついでに、


私の自主製作映画作品をラインナップした、


オリジナルWebサイトにも、ご覧下さい!

刀剣女子アクション「山三vs花園最終決戦」

yamasann.jpg


広瀬すずちゃんも、よかったら見てね!



【 2015/06/18 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

酒鬼薔薇聖斗は今も潜めている。




何だ!


これは!



あの酒鬼薔薇聖斗が、手記を出す!


その上、今になって、事件の本質を語る。


あの行為は、性的衝動だったと・・・



遺族の思いを逆撫でする、この発言、


出版するという、この行動。


何ら、反省などしていない。


このような人間を後押して、


商売にしてしまう、出版社も同罪。


恐ろしい。




これが、世の中か?




酒鬼薔薇聖斗。



この男は、



いや、サイコパスは、


今、


日本のどこかで、生きて、潜んでいる・・・


そう、


何食わぬ顔して・・・・・



罪にさいなんでいると思われない、野放しの男は、


この出版で、金をもらって、


また、



異常な、性衝動にかられて、


誰かを狙っているのもしれない・・・・




そう、



あなたの近くにいるのかも・・・・


恐ろしい。





【 2015/06/10 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

前髪、切りすぎました!でも、人間って、やっかい?????


前髪、切りすぎました。


で、


聞きます?


あなた、運転中、右折矢印の信号機の車線で、よく、多くの前方車が、車間距離を置いたため、


自分の車が、右折できずに苛立ち、「みんな、車間距離開けすぎ!行かれへんやん!」と、


腹が立つのに、


時間が経って、その場になると、


自分は、その時の気持ちも、どこへやら・・・


自分も、ゆっくり、車間距離を開けたまま・・・


右折する。


自分だけ、行ければいいとばかりに・・・



そうです。


あの時の、苛立ちをいかせず、


車間距離を開けずに行けば、もっと、後方車も行けるの思いやりも、浮ばず、


平然と、堂々のゆっくり、右折です!!!!!





どうでしょうか?



みなさん、



心当たりは、あるでしょうネ。



まあ、



そんな事を、考えているほうが、



おかしいかもしれませんが・・・。




これが、人間です。


それが、現実です。


これが、世界です。



こうして、


こうして、


人は、戦いの場に立ち会って、向かい合って、知らん振りして、



火の粉をかぶらないようにして、



人生に、ほっかぶりして・・・



生きていくのです。




そんなことを考える私は、


”こころちゃん”に、


大人顔負け、大人以上の”お気遣い”されて、


少し、気持ち悪くなって、先行きを心配しながらも、



癒されていく、


人って、



とても、とても、



やっかいです。




とにかく、当面の問題は、


前髪、切りすぎました!


【 2015/05/25 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

アーティスト、才能の井戸水は枯渇するのか?


やはり、


才能の井戸水は枯渇するのか?


ここ最近の音楽史のアーティスト。


たとえば、ゆずだったり、コブクロの小渕だったり、いきものがかりの水野だったり、


綾香だったり、スーパーフライだったり、


およそ、3年間をピークに


息切れをしている。


いや、才能は、枯れていくのか・・・。



よく、作品は、”降りてくる・・・”と、言われるが・・・


メロディも、練りだしたものではなく、


ふと、舞い降りてくるものが、


ヒットする。



自然体のものが、


人のこころを魅了するのだろう。


す~っと、心地よく、


また、涙を誘い、


感動もあたえるのだろう・・・。


この降りてくるものが、


何度も続かない。



才能の井戸水の枯渇。



例外的に



奇跡的に、



いや、



天才的に



ユーミンがいる。



サザンの桑田がいる。


中島みゆきもいる。



特に、ユーミンの輩出した楽曲の幾多のメロディは郡を抜いている。



桑田も負けてはいないが、



ユーミンの凄さは、


他の者への楽曲のレベルの高さも言うまでもない。


40年前のバンバンに提供した「いちご白書をもう一度」から始まり、(ここではペンネームは呉田軽歩)

詞といい、メロディといい、才気にあふれている。


三木聖子の「まちぶせ」、(石川ひとみでヒッとしたが・・・)


アグネスの「白い靴下は似合わない」、


原田知世の「時をかける少女」、


松本隆と組んだ、聖子の「赤いスィートピー」などなど・・・いとまがない。




自らの曲も含めて、

最大のヒットの多さは、ずば抜けている。



40年近く、一線ではいたが、



ここ最近は、声も、年寄りかし、

ちょい、つらい。



曲も、全盛期の勢いはないが、


時折、水準の高い、楽曲も聴くこともあるが、ヒットはしてないが・・・



その点、


桑田は、映画「永遠のゼロ」の主題歌に提供した「蛍」の完成度は、


全盛期に勝るとも劣らない。



中島みゆきは、朝ドラの「まっさん」の主題歌も、

ヒットはしなかったが、



中島ワールド、その声量といい、いまだ全開ではある。



このお三方は、特別か・・・。



話は


戻して、



最近のアーティストの才能の井戸水は、およそ、3年で、枯渇するのかな・・・。


何故なのか???


おいおい、


忘れてはいないか、


ミスチルは?

Bzは?

言われそうですが・・・



若干、好みの幅のフィールドが、


狭かったりするのではないかと、辛口を。



ファンには申し訳ありません。



【 2015/05/18 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

清水富美加もいいけど、常盤貴子もね。


10年来のファンは、

多部未華子。

(今、日テレの「ドS刑事」で、脚光浴びていますが・・・、

「ルート45」、「青空のゆくえ」と、よかったな~・・・もう、デビュー間もなくの作品だが・・・)。



近年は、二階堂ふみにのめりこみ、


また、高畑充希ときて、


ちょっと、マイナー系の感じが、たまらない。



ここ、最近の一押しは、


清水富美加。
fumika.jpg



誰、それ?かな。


あのいわくつきのど変態映画、

いや、驚異の変化球爆笑映画「変態仮面」の女子高生のヒロイン役だった子といえば、


わかるかな?

いや、わからんか?

今、NHKのEテレの番組「哲子の部屋」の女の子。


いや、これも、わからんんか?


でも、ティーンの子は、知っているのは当然ですが。


ここで、清水富美加の押しメンを語るのではなく、



常盤貴子です。



いきなり、おばちゃん?かいな!ですが、



何をいわんや、

ここんとこ、


いいです。



今、NHKの朝ドラの「まれ」で、


お母さん役で、


いい味を出しいます。


前に、鶴瓶の「家族に乾杯」に、出てて、


人柄がしのばれる、自然体の常盤貴子に


とても、魅かれました。



さかのばれば、


このお方、


22年前、フジテレビの「悪魔のkiss」の脇役で、


名のりを挙げて、


そして、


キムタクとの共演で、


大ブレイクを果たした。


映画「赤い月」でも主演を果たし、


大女優をまっしぐら・・・


だったが・・・


(当時、ダウンタウンの松ちゃんとも、噂もあったのも懐かしい話。)


私の大好きな「間宮兄弟」で、脇を固めてからは・・・


どんどん、結婚を契機に、


目立たなくなった・・・。



だが、


だが、


ここんとこ、



人間の魅力が増した。


これからの常盤貴子に期待したい!!!!!!



【 2015/05/12 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

やっぱ、大家族石田さんチ!かな



本家本元、


大家族のドキュメントのキング!


石田さんチの18周年をやっている。



ちょい、前までは、


ビックダディに世間も振り回されていたが、


まあ、このビック?というか、


キテレツ、尻軽な感じな父の子供もてあそびな感も否めないドキュメントに


高視聴率で、


それで、メシを食っていたような家族物語だったが・・・




この石田さんチを、見ていると、



子育ての、覚悟が見えてくる。



まさに、これこそ、バイブルか?




私も、このシリーズを、18年間、随所に、見つ続けてはいたが、



今夜の番組の内容は、



感慨もひとしお。


このドキュメント、


この家族、いろいろな事があったが、



まさに、”家族”という、芯で、


締めくくった。



こちらも、年老いたのか、


いい番組でした。


パチパチパチ・・・・・・拍手!



【 2015/04/29 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ロンブーの人気企画、「格付け女」



今夜のロンブー、


格付け、「いい奥さんになりそうな・・・」で、


矢口真理、遠野なぎこ、益岡つばさなどが並んでいる。


バツイチ男性が選んだワーストは、

もちろん?矢口真理で決まり。


コメントのほとんどが、安心して家を空けられない、

人として、どうだのこうだの・・・


これは、一般世間の総じての思いだろうが・・・


まあ、バツイチ男性の格付けなら、わかるし、うなづける。



でも、この手の女はごまんといるし、


男は、小悪魔ほど、燃えるもの。


やけどすると思いつつ、惹かれるのが習性。



それが、男の恋というもの。(俺だけかな?)



とにかく、



矢口真理が、当然、評判は悪いのはわかるが、


あの男をダンナのいない間に、自分の家に連れ込んで、○○○してのが問題を責めるが、


そこの問題より、


あの後始末を、せずに、


突然、引きこもり、


逃亡者になったのが、問題なのだ。


すぐさに、メディアの前に出て、いさぎよく、


真実をさらけ出せば、


流れは、変わったのだ。



逃げる手口は、一番、みなが、いやがる手法だからだ。



あの脱税で、問題起こした、板東も、逃げまくった。


久方ぶりに、記者会見を開いたと思えば、


弁解に終始。


「これは、植毛で、それにお金を使った。」という、



みんなの党の代表だった渡辺美智雄も一緒のバカ発言。



これで、もう致命傷。




矢口真理も、


出方も、


芸能界のドンのバックに守られ、


「相手のこともありますし、約束もありますし、


核心部分は応えられません。」とファジーで、のらりくらりで、


前のイメージメイクで現れたから、


総すかん。





じゃ、これではイカン!と、


それからは、そのことをネタに、表舞台に、このロンハーを含め、出しゃばる。


そして、周りのなぐさめ言葉に、敏感に反応して、泣く武器を取り出す。



前のダンナには、お金で、口封じして、


自分を、のうのうとルール破りで、食っちゃべってる。



その間男とも、今も同棲していると、真剣交際ですと、


頭の悪い、変な、浮気の正当化をしている。



ここを、世間は見ているのだ。



過ちは、誰にでもある。(まあ、矢口のパターンはタチが悪いが・・・ラブホなら、まだ救いが・・・)



その過ちを、世間は、許す許容範囲を持ち合わせてる。


それは、己も、そう強くないと、知っているから・・・



そう、


どう、その事実に、きちんと向き合って、


答えの出し方を、見ているのだ・・・。



そこを、敵前逃亡すると、


何年経っても、風化しないどころか、


性懲りもなく、テレビに出てると、嫌悪するんだ。




ついでに、


江角マキ子にも、


それが言えるが・・・


直接でもなく、そそのかしたのでもないと、言うが、



どうみても、道義的にネ・・・。



まだ、ちゃんと答えていないしネ。



なんか、まだ、レギュラーで、平然顔に、


いい度胸しているな~と、


こうなると、感心するばかり。



*ひ弱く、ヘタレな私には、


これは、出来ません。


【 2015/04/21 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

こんな女性議員、いるよね。


いるよね。


昨今、


義務を果たさず、権利を言う人が、


我が物顔で、


はびこっている。


最近では、その典型が、


維新の上西議員。


まあ、それにしても、この下品な議員を


維新の橋下代表は、


この議員を、除籍だ!と一刀両断の切り捨てたが、


おいおい、それだけで、


まるで、被害者のように振舞う。


この議員をチョイスしたのは、アンタだろう!


その責任をの所在は、アンタにもあるのに!



橋下マジックに、騙されるマスコミもマスコミ。




上西議員も、今後も、権利だけを行使して、


議員として、のさばるが、


いずれ、もっと、大きな代償を払うことを、


思い知らされるでしょう。


でも、そのことにも、気付かないか?


あの手の方は。







片山さつき議員。


聖子ちゃん髪型(古いな!)で、


ファファと、


裏づけも取らないネタに、飛びつき



不祥事を起こし、



また、遅刻をしたら、


泣いて、謝罪している。


泣くという、女性にありがちな(ちょい失礼か)、卑怯な手口で、


この場面を乗りきろうとしている。


バカ丸出し。




もうひとり、


蓮舫議員も凄い、


あっちの水は甘いぞ!の方に


コロコロ、変わり身の速さには、


いわゆる、処世術。


世渡り上手。



でも、わかる人には、わかる。


権力好きで、


議事堂を舞台に、ファッション誌にモデルと出たりのように、


ただ、目立ちたがりの御仁として、見抜いてはいるが・・・。





路上キスの中川未亡人も、どうかな?


過去に、亡き、ダンナが問題、起こした時、


自宅の前に、報道陣が大挙いる中、


出かける前のダンナに、


「よっ、日本一!」と


ドン引きの掛け声をかけた、張本人。


草葉の陰で、ダンナは泣いているぞ!






「おい!



忘れるな!」と、


どこからか、



天の声が聞こえてくる・・・・・・。



見上げると、



そこには、


その道を極める、



あっ!



ヤワラちゃん!



すみません、



大事な方を、忘れて。




天下泰平?な世に中に、


どんどん、のさばり、パラサイトし、



バカは、増殖している。


【 2015/04/12 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ももクロの7年間に渡るドキュメント番組!



ももクロには、興味はなかったが、


テレビ番組で、ももクロの2時間半のドキュメントを


つい、見ていたが・・・



これが、これが、


2時間半、全然、飽きないどころか、



ももクロの日に日の成長と、


スタッフの熱い思いが、


ビシバシ伝わってくる、


まさに、



ももクロの人気の真髄を思い知らされた。



この情熱が、


この意気込みが、


これだけの世代を問わずのファンを


虜にしてしまったのがうなづける、


醍醐味のある、


また、”頑張る!”という、本気の証を




まざまざと、見せてくれた。



久々に、


いい、ドキュメント番組に仕上がっていた。




番組のクライマックスは、


国立での一大ライブイベントで、


マネジャーからは、


最後の挨拶は、それぞれ、自分の言葉で締めくくれの指示。


リーダーの百田が、


私たちは、天下をとることだった・・・と、



それは、アイドルの天下ではなく、



また、芸能界の天下でもない、



笑顔を届ける、天下だと、



素敵なコメントで終えた。



このコメントは、


ももクロの人気を集める、理由がギュッと詰まった、集約された


そのもの。



これから、


ももクロを見る目が、変わってしまった、



素晴らしいドキュメント番組であった。



頑張れ、ももクロ!


【 2015/04/08 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

テレビ局の大本営化?



報道ステーションで、古館、古賀のバトルが、物議をかもし出す


だが、


今のテレ朝の実情があらわ。


NO、ABE!を唱える古賀氏、それに、また、テレ朝に、


政府が、


いや、安部含め、取り巻きタチが、


圧力をかけ、


統制を図る。



この事実が、にょにつに表した典型な出来事。




また、NHKのキャスター大越氏も、降ろされる。



もう、


テレビ局を、我が物顔で、



すき放題に、縛る。


政府!





あのNHKのハイヤー問題、厚顔の会長さんも、


政府の回し者。


だから、


お休みでのゴルフ三昧のハイヤー代も、会社に回す。


そのことに対する答弁も、しどろもどろで、秘書になすりつける。


よく、自民党に起きた政治家の問題も、よく、秘書になすりつけていましたが・・・


まさに、そのもの。


その自民の回し者が


統制をとる。


就任当時、


幹部たちに、辞表をかかせてる問題も


俺の言う事を、聞かなければ、クビだぞ!の脅かしも


独裁国家に似てる。




テレビ局は、政府の統治下に置かれ、


大本営発表と化している。




怖い、世の中に・・・


あの戦時下のように・・・





*余談ですが、


このところ、テレビ番組で、


各局が、


警察24時みたいなもの連発。


みなさん、

つい、見ちゃいますが・・・



これも、警察のプロパガンダみたいなものですから・・・ネ。



怖い、



怖い・・・。



小さいとき、


トイレに一人で行けなかった、怖さよりも


怖い、怖い・・・。


【 2015/03/29 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

毒を吐く?タレント。



昨夜のフジの番組で、


ダウンタウンの二人と、坂上忍との


昼間のお酒、ガチ呑み。


後半、酒の勢いを借りて、本音が出る。


浜田は、

松本をリスペクトしていると、


だから、ここまで、来れたのだと・・・。


松本は、


俺には無いものがある。


引きの自分と違い、大物芸能人にもズバッ!と突っ込めるなど、


鋭さを感じると。



そして、松本は、テレビに関しては、


俺たちは、専門店。


他は、コンビニにたとえる。


俺たちは、笑いの専門店で、


今の主流は、コンビニ番組が万人受けしていると。


俺たちのは、見る人は決まっていると。



かと言って、専門店があって、コンビニがある。


その相乗効果もあると、語る。


そうは、言うが、



私から、見れば、


その笑いの専門店ぶりは、大晦日の特番でしかないと、思うが、


後は、ダウンタウンデラックスのように、


ゲストの逸話番組で成り立っていたりとしてるように、コンビニ的に見えるが。



まあ、それは、ともかく、


坂上は、定石どおり、毎度のごとく、出来上がってしまい、


松本、浜田が、坂上のことを、よくやっていると、褒めるが、


坂上は不安げに、「これでいいんでしょうか?」と、今の自分を見てる。



もう一人、しゃしゃり出てきた、AKBの指原は、


女芸人のように、巧みに質問でうまく責める。


この質問が、番組を成り立たせ、



松本も、指原の賢さを、褒める。



そう、指原は、


機転がきき、番組の主旨を、よく理解し、


松本の日曜番組「ワイドナショー」でも、ベテランに囲まれても、臆せず、


周りに引けをとらない発言をしている。


だから、



よく、呼ばれる。


「笑っていいとも」のレギュラーで、培ったものは大きい。




だんだん、横道が逸れたが、


浜田は、語る。


「用は、頭が、賢いものが、生き残れると・・・。」


松本も同様に、「頭の回転の速さだと・・・。」


だから、


回転の悪い芸能人は、2・3回、番組に呼ばれても、


いずれ、消えていくと・・・。


そう、間違いはない。



今の主流は、


坂上や、マツコや、有吉のように


毒を吐くタレントが席巻していると言われるが、



ただの毒ではなく、

建前ではなく、本音だけを、出しているようだが、


ちゃんと、計算づくの本音。



そこには、やさしさも垣間見る。


そこに、ウケの良さがあるのかも。



その毒の視点の出しどころが、


前者たちと、違うのは、


ここ、最近、ブレイク中の


博多大吉である。


角度の違う視点からの、発言は


いい味わいの毒を含んで、


今や、引っ張りだこだ。



”毒”を理解して、うまく、調味料として、加味して、番組を料理して、


そこを、武器にしてるタレントが、



今、テレビ界を動かしている。


【 2015/03/21 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

Flowerのアルバム「花時計」を買った!



久々に


CDを買った。

それも、Flowerの「花時計」。

hanadokei.jpg


いい年こいてかな?

いいんです!


3年前、Flowerは、デビュー曲の「still」は、シングルレンタルして、ちょっとは聞いてはいたが、


その後、忘れていた・・・。


だが、


HIROが仕掛けた、E-gailsで、


アミちゃんがいるドリームと、このFlowerと、他のパフォーマーたちと組んだ


怒涛のダンスグループで、


一躍、のし上がってきた。



ブレイクした時、総勢の中、


アミちゃんのみが、光っていた。


当然、アミちゃんのみ、マスコミも取り上げていた。


ただ、


私は変わり者か、


ひとり、普通ぽく、たぬき感丸出しの女の子に


常に、注目していた。



それが、


鷲尾伶菜です。

reina_20150315135334340.jpg
reina2.jpg

どうですか?


このちょい、ブス感、デブ感、(大ファンは怒るかな?ごめん!)


いいです。


この子を調べたら、Flowerにいるじゃないですか?


それも、メインボーカルじゃないですか!



それからです。


注目していて、


Flowerとして、昨年出した、曲、「熱帯魚の涙」は、


私、とても、お気に入りの一曲です。


名曲です。


でも、でも、売れませんでした。


そう、E-gailsは、ダンスフルなアップチューンの曲のみでしたから、


しかし、

Flowerの曲は、メロディアスな曲調ですから、


どうも、一般受けしませんでした。


その後、

「秋風のアンサー」も、売れず、

ただ、


今年の「さよなら、アリス」あたりから、


注目されてきました。



そして、


ようやく、セカンドアルバムの「花時計」に、結実しました。



このアルバムの初回特典のミュージックビデオは、


あの蜷川実花がディレクション。


彼女の独特の色世界で、


Flowerの世界を描いています。


凄く、いい出来上がりです。


これだけで、買った甲斐があります。


鷲尾伶菜も、可愛いです。


1曲目には、あのm-floも参加して、とても、いいです!


アルバムは、4500円でしたが、


堪能しました。


3月13日のミュージックステーションでは、


「白雪姫」を、披露してましたが、


とても、とても、いい感じでした。


鷲尾伶菜の声も、たまらくいいです。


ほんまに、


初心な気持ちにさせてくれた


アルバム「花時計」でした。


ありがとう。


【 2015/03/15 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

いいわ~!NHKの和久田アナが一押し!

はまっているもの、



NHKの土日の朝のニュースの和久田、女子アナ。

wakuda_20150308100248991.jpg



いいね~!




純なところ。


東大出身。


頭も切れる。


でも、


素朴。


美人だけど、


つ~んとしたところもない。


まあ、私の好みのたぬき感もいい。

ちなみに、

3年前の二階堂ふみ様。

nikaidou.jpg

いいです。



はまっているもの、PART2、


フジテレビの火曜9時のドラマ「ゴーストライター」。

小説家と、そのゴーストライターの葛藤、

暴露、

戦い、

出版社の手のひら返し、

物書きの心理、

そして、小説家に終止符。

けれど・・・


行き着く先は・・・?


キャスティングの中谷美紀と、水川あさみの組み合わせが絶妙。


珍しく、ここ最近では、全部見ている。


たぶん、物書きの世界観が好きなのかも。


これは、ものづくりの世界に生きる人には、


共感かも。(他の人は、違うかも?)


物語の内容が少々、アホらしさもあるが、

なんか、見ちゃう。


このふたつが、


今、熱く、はまっている。




【 2015/03/08 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

8.6秒バズーカを超えるオリラジ?


♪ラッスンゴリライ・・・と、

今、大ウケの8.6秒バズーカ。

最初、見たとき、

「何だ、オリラジの武勇伝のパクリじゃん!」、


それが、それが、


またたくまに、話題を席捲!


それを、パクリじゃん、と、言わず、

オリラジは、

ここ最近、真似をやっている。


昨夜の”めちゃイケ”でも、

このネタを堂々の本家を超える真似振りを披露して、

どうですか、この切れ味、


いかに、パクリですよを、真似で、アピール。(大人になったオリラジ)


受ければ、勝ちの芸能界。

ぐたぐた言っても始まらない。


ところてん方式の芸能界。

誰かが出てくれば、


いとも簡単に、押し出される。


エレキテレルの出番はなくなるのは、当然しごく。


このように、何が出て、何が消えていく・・・

このスパイラルは、

芸能界の必然。


一発屋といわれようが、

芸人の99パーセントが売れないんだから、


一瞬でも、売れれば、勝ち!


あの藤崎マーケットも、勝ち!


でも、

一発屋の芸人はあがく。

あがけば、あがくほど、売れない。


ここが


別れ道。


舞い上がったら、終わり。


でも、どう計算しても、あかんものはアカン。


結局、キャラがものを言う。


でも、


キャラだけでは、

太刀打ちいかなくのも多い。

お笑いコンビの最初は、

ボケ役が、キャラもあいまって、売れるが、


ツッコミは、それを横目に、

話術を磨き、


矢部、後藤、大吉、等々が、

独り立ちしていく。


ウサギと亀である。


いやはや。



で、



横道にそれて、

女芸人にふれる。


私の好きなのは、いとうあさこ。

ブレイクのきっかけの

”なんかイライラする!”で、

適齢期を逃した女の憂いを、体現して、売れる。


ここまで、自分を落としているが、


このお方、れっきとした、資産家のいいところのお嬢さんである。

それでも、芸人根性の捨て身の芸で、前に出る。

品が無さそうで、ちゃんと、品がわかるのが、売れている証拠。


わかる人にはわかる。



友近もいいが、

自分の芸に酔ってしまい、オチまでが、長くなってしまうのが難か?


どんどん、


バズーカから、オリラジと、


女芸人と、話はころころ変わりましたが、



最後に、

めちゃイケの岡村のミヤネ屋の真似、

上手いよ~!

特徴、ばっちりです。


コレだけは、見逃せない。


【 2015/03/01 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

片山右京って?


体育会TVで、


今、片山右京が、自宅の自慢と、


過去バナシで、最高年収7億円とか、

マイケル・ジャクソンに逢ったとか、

モナコ生活では、リビング、テニスコート半分ぐらいのスペースで、

キッチンまで、室内をママチャリを使用していたとか、


うだうだ、ほんまに、鼻高々に、口ちゃべっている。




あの

過去に、自ら招いた遭難事件で、部下二人を亡くし、

消沈の姿、

反省の姿に・・・


これから、人生、重い過去を背負って、


生きているんだな~と、



思いきや、


いきなり、


久々にテレビに出てきて、


この言動ぶり。


ビックリ!



何も、表世界に出るなと、言っているのでもないが、


この有様を見て、



あの時の事件の遺族は、どう思う。



この右京の


今を見ていると、


人間って、


怖い、動物だな~と、思う。



あ~。









【 2015/02/28 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)