至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

AKB総選挙やら。内閣府やら・・・

AKB総選挙。

驚異のダントツのサッシーか!

いやはや、

まあ、この1年、ぶっちゃけトーク炸裂、


アイドルではなく、バラドルの立ち位置確立。



王道アイドルのまゆゆの卒業宣言。


この方が、始まりから、牽引してきた貢献者ではあることは言うまでもない。


この方なくして、AKBでは、なかった。


遂に年末に去るのか・・・・感慨深い。


本当にお疲れ様。



今年は、新潟旋風炸裂!


中間速報で、この子、誰?1位。


結果、堂々の5位か。




今年は、総じて、コメントが

迫力があった。

ある者は、ケンカをうったように、

スキャンダルなどで、のし上がってきたものが

さも、アイドルづらするのはいかがなものと、

今回、上位に選ばれながら、

投票者をもて遊ぶかのような、いきなりの結婚宣言する者。

裏切り宣言に等しい。


こんなことも含め、

「これからは、私が、風紀委員長を買って出る」と、いさましい!




来年、

総選挙に、サッシーとまゆゆはいない。



小粒のAKBに成り果てるのか?


新たな幕開けなのか?



もうそろそろ、潮時か・・・



それにしても、

これだけ、続いたアイドルグループは歴史に残る偉業である。



そろそろ、ソロアイドルの到来を期待したい。



で、

加計問題の対応での、内閣府と、文化庁の対応、


裏にある安部、自民、


これで、しらを切るような感じ。


国民を完全になめきっている。


それも、本筋の強行共謀罪成立を隠すように、

この問題にすりかえてきた。


やることが、ほんまにえげつない。


一体、この国は、どうなっているの?


戦前体制に向かっていることは、


間違いない。


恐ろしい。


*ついでに、

私製作、オリジナル映画をどうぞ!




【 2017/06/18 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

父が亡くなった。


父が


亡くなった。


92歳。


大往生であった。


亡くなる1週間前、見舞いに行った。


父は、ポツリ、ひとこと。


「バチがあたった。」と


初めてだった。


どちらかというと、強気な父が、


こぼした言葉。


僕は、


「そんなことないよ。」と。



その1週間前に見舞いに行った時、


昼食の時間で、看護師が食事の用意をしていた。


僕は、「いつも、すみませんね。頑固な父だから、迷惑かけて・・・」と言うと、


その看護師は、「いえいえ。あの私、先生の教え子なんですヨ。」と語る。


そう、父は、小学校の先生だった。


退職してからも、教え子の年賀状の多さに、


慕われていたのが、かいまみえた。


家では、厳格で、厳しい父だったが・・・・


その看護師も、


「いい、楽しい先生でしたヨ。みんなからも、好かれてましたヨ。」


かいがいしく、父を食事の手助けしながら語る。


なんか、すごく、心がほっこりしながら、帰ったのだった・・・。



そんなことも、あって、


この日の弱気な父の言葉に、


僕は、


「あの教え子だった看護師が、この状態のときに、かいがいしくしてくれるし、


いつも、近くにいてくれるんだから・・・


そう、お父さんが、昔、蒔いた種が、


いま、ちゃんと、咲いているんだよヨ。」と、言った。


そしたら、弱気な父が、ふと、微笑んだような・・・。



僕は、その言葉を残し、


病院を後にした。


帰る道すがら、


”人生は、捨てたもんじゃない。”と思った。



それが、父との最後の会話だった。


心残りのない会話だった。


本当に

本当に


お父さん、


ありがとう。


また、逢いましょう。










【 2017/04/07 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

フェイクニュースが当たり前か?


フェイクニュースとやらが、日常化されている。


まるで市民権を得たかのよう二・・・・


なんだ、この世の中?


信じたほうが悪いみたいな・・・・


それで世を操り、先導し、


嘘で、


塗り固めて、


世相を変えていく、技法とか・・・


それも一種の手です、みたいに!


堂々と、嘘を流す当人は


したり顔、やった感ありあり。


もう、トランプ状態じゃないか・・・


嘘がばれれば、平然と、”もうひとつの事実”と、アホな言葉ですりかえる。



要は


品など、なくなってしまったのだ・・・


何の手段を駆使しようが、


導いたモン勝ちみたいな、風潮。



アメリカ・・・

テロにおびえて・・・

いろいろな策をこうじてきたが・・・・


まさに、


アメリカ自国の内からなる、


トランプという、破壊的なテロを産んでしまっった・・・・


本当に皮肉な結果・・・


こんな、形で、脅かされるとは・・・・


予想だにしなかった・・・。


世界が、


崩壊の序曲と、ならなければいいが・・・



恐ろしい


世の中に変貌してしまった・・・・


そんな中、


日本は、小池劇場に翻弄されてはいるが・・・



しっかりと、


見るべきところは見てかないと・・・・



二階堂ふみが、可愛いとか、、ちょい、天狗になっているとか・・・


乃木坂が、大ブレイクしないとか、


NHKのサラメシは、今や、職業案内化してきたみたいなとか・・・


ブルゾンちえみは、ちょい、はまるみたいな・・・


まだ、


能天気な気分は、どないなもんんですか?


すみません。


【 2017/02/08 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

テレビ番組のあがき



このままで、


テレビは、どうなってしまうのか?


ドラマの視聴率は、今では、10パーセント越えの御の字。


20パーセントとくれば、爆発的大ヒット!


過去より、ハードルが、10パーセント、下がった。


情けない。



それも、大河ドラマと、朝ドラは別として、


今年は、20パーセント越えは、「ドクターX」、後、「逃げるは恥だが役に立つ」ぐらい。


「逃げ恥」も、恋ダンスの話題がなければ、たぶん、沈没してただろう。



押しなべて、とにかく、ドラマの脚本の浅さが気になる。


企画力がない。


人材が育っていない。


たぶん、守り姿勢の、軟弱な作り手がいないせいだろう。


社会の側面を垣間見るのか・・・。




バラエティは、作り手の向かう先が別方向に向いている。


クライアントにおもねている。


何処も杓子も、


ひとつのネタを引っ張る引っ張る、


いつもどおりの、いいところでのCMはさみは定番化されているが、


輪をかけて、


簡単な言葉も、ピコピコで言葉閉じし、また、CMはさみは常套手段。



CM後には、巻き戻しで時間稼ぎ。


ひとつのネタで、CMはさみバンバンやる。


そのCM前には、次のネタの宣伝は、ごく当然のように放り込む。


それを入れることで、視聴者を引っ張るあざとさだが、


今のネタを殺していることを、わかっていない。




番組の骨筋は無茶苦茶にしても、


クライアントに気を使い、


番組1時間、ザッピングさせないような、アホな努力を競うことに


今のテレビマンは労力を使い、頭をひねる。


他の番組と競い合っている。


本当に、何を考えているのか。


こんなことをばかりしていたら、


もっと、テレビ離れが進むのは一目瞭然なのに、


それが、わからない鈍感さには、あきれる。


もう、テレビに未来はないような気がする。


もっと、気概をもって、番組を作りなさい!


【 2016/12/31 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

TVメディアの右向け、右のオンパレード!



TVメディアさん。


豊洲問題一色から、今度は、ボート会場問題一色。


他に、もっと、取り上げること、たくさんあるのに、


やれやれ・・・・


視聴者の好みのいいものには、みなさん、右向け、右か、



ここで、



ボート会場問題に、暴論、一石!(たぶん、世間の本音と思いますが・・・。)


ボート、ボートって、


メジャーでもないし、


競技者も、少数。


東京オリンピックで、金メダルも期待もないし、


一般的にも、


たいして、興味もないし、


ボート会場に、大金はたく、意味あるの。


レガシーに、なることも、間違いなくならないし、


そこに、500億か・・・


都庁の試算も、今度は、宮城ムードに対抗して、


それでは、ド~ンと、バナナの叩き売りで、200億さげて、300億の新提示か・・・、


おつたまびっくり!(死語か!)


都庁、バカ丸出し、


この新試算、出したら、


世間が、どう思うかを、考える頭もないか・・・


たぶん、受験用の勉強のオツムはあるが・・・


ここに思考は及ばないオツム。



世間をなめている。


はいはい。



とにかく、


ボートより、もっと、


お金かけるとこ、


間l違っていませんか・・・



やっぱ、


東京オリンピックって、


ゼネコンのため?、みたいですネ。


【 2016/10/21 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)