FC2ブログ

至近距離の幸せ

手つかずのままの文章に、”しあわせ”と書き込んだ・・・。 少し、少しだけ、ココロが半歩、歩いた気がした。
011234567891011121314151617181920212223242526272803

さんま、松本、タモリ、所、笑いって?

さんまのお笑い向上委員会は、


もとより、お笑い向上より、さんまが楽しむ、いや忖度する、芸人仲間のおしゃべり会という現実だから


めくじら立てて、何だ、お笑いの向上に一役、買ってないじゃないか、身内ウケじゃないかと目くじらたてることないと


割り切って見ているが、


それにしても、ここでは、さんまのお笑いの劣化振りが露呈する。


他の冠番組は、ゴールデンとあって、進行役にちょい寄り添ってはいるが、


この番組は、深夜タイムあって、自分をさらけ出すから、


悲しいかな、お笑いの年齢からくる限界さ、


要は、年をとると、くどくなる。

ひとつの笑いいのタネが受けると、延々と、引っ張る、それもくどいほど。

これは、脳にブレイキをかけられないから、

周りは若手もいるので、忖度しながら、さんまと付き合っているが、

目は冷めている。



過去、ダウンタウンの松本が33歳頃、

こんなことを、口にしていた。

「たぶん、俺が、38歳頃には、俺の笑いは、限界かな。」みたいな発言は、

今でも、覚えている。


何故なら、一般市民の私ごとが、笑いを極めた松本に対し、分析できる立場ではないが、

ちょい、地方のテレビ局で、笑い的な司会をしたことがあるので、

その言葉に共鳴したのか・・・


自分も、普段の会話など、番組でも、30歳越えたあたりから、何にかを突っ込まれて、頭の中に、答えるボケが、

瞬時に、3通り、浮んで、そこから、すかさず、ひとつをチョイス出来ていたものが、

30歳後半から徐々に、もう、ひとつしかというか、何通りからチョイスはなくなっていく、浮ばなくなったのを、

今でも鮮明に覚えている。

だから、当時、松本の言葉に、天下の松ちゃん、

やっぱ、先を見ているな~・・・と、感心したものだ。

だから、あの当時、主戦場というか、、松本は、手探りしながら、小説に踏み込んだり、

映画製作にのめりこんでいたものだ・・・・。

頭のいい彼のなせる業であったが、

映画は、たけしにはなれなかった。


今でも、あの言葉を封印したのか、生きるためか、

何食わぬとまではいかないが、一線で、番組を持っている。

そう、劣化振りは、確かに自分で認めていて、その立ち居地でいるのがわかる。

今の松本のお笑いパターンは、そこにいる誰かのひかかったフレーズを、

合間、合間に差し込んで、笑いを取るのが日増しに増えてきた。


にょにつに、露呈したのは、

最近、「ワイドナショー」で、世間を煮ぎ沸かせたサッシーへのセクハラ発言?が、何よりの例だ。

冗談のつもりで、サッシーを枕営業で頑張っているみたい事を、をのたまってしまった。

もう、セクハラということなんかどうでもいい、ただのおっさんの酒の席の会話じゃないか。

こんなこと、松本の実績からいったら、考えられない発言である。


芸人としては、致命傷になりかねないし、

松本だから、事なきを得たし、サッシーの大人の対応で済まされたが、

それについての、松本のその後の対応も、逆手に取ることもしない。

そう、冒険はしない、チャレンジをしない、

年寄りと言うものは、そういうのものだから・・・・大多数が・・・



どんどん、話が、いつも横道にそれるが、

お笑いは常々、むつかしいではなく、感性のたまものだから、仕方がない。

笑いの切れ味は、年とともに劣化すると、

33歳の時に、松本は、ちゃんと気付いていたのだが・・・


ね、人生は、去り際、散り際、辞める時を逃すと、ひしひし、自分が悲しくなる、寂しくなる・・・

はっきり言えば、お笑い人は、独身に限るということ。

結婚、奥さん、子供もいれば、当然、無茶をしなくなるから・・・それが現実。



さんまも、大竹しのぶとの結婚生活時は、全然、ひどかったが、

別れてから、水を得た魚のように、復活したものだ・・・


お笑いでも、

とにかく、笑わせる執念がない、坊さんのようなタレントもいる。

1番は、ダントツ、タモリ。

笑いをとりにいかない、いかないから、自然体。

そこの良さを、視聴者は理解している。


その線でいけば、所ジョージも、その例だ。

自分が楽しむの先決がいい、


どちらも、肩に力など入っていない、

どうでもいいもん、みたいな感じが、より見てる側もいいのだ。



NHKの「ブラタモリ」でのタモリは、そこをわかっている、まあ、彼が専門家も舌を巻く知識者であることは言うまでもない。

だから、好まれる番組のひとつにあげられるのだ。

タモリは、一緒に連れ立つ局アナに、常に釘をさしていることがある、

「アナウサーとして、仕事はするな!」、

だから、あの番組で、女性アナもでしゃばらない、自然体でいる、たぶん、物足りないと思うだろうが、

そうしないと、あの番組の良さの主旨が崩れることを、タモリは計算しているからだ。


これまた。話が脱線したかな・・・


再度、笑いは、クレバーじゃいと、無理である。


今田、東野、上田、後藤、ネプチューン等々、

MCはさばけても、凄く、面白はない。


だから、あれだけ露出しても、人気ランキングの上位にはいけない。

何故なら、はっちゃけていないから・・・


手堅い、守備範囲で、笑いを生業としているのを、視聴者も見極めているから・・・


たけしにも、今更に言うのもなんだが、

このお方、自分がしゃべりたい、自分以外は聞いていない。聞いているようなフリもせず、無関心。

大御所だからですんでいるが、普通ならあり得ない。

土曜の夜、「情報7days ニュースキャスター」のたけしなど、安住がなんとかとりなして、進行しているが、

年寄りの愚痴ならまだいいが、自分の話に持っていこうとする的外れにげんなりふだから、あまり見ない、

だから、最後のほうで、たけしのコーナーを用意して、事なきを得ているのが痛々しい。

世界の映画監督という武器が、そうさせてしまったのか・・・

これも老害のひとつ。



で、

芸人話に終始したが、

何が言いたかったのか、それは、そうそう、さんまのお笑い向上委員会のフジの局アナの女の子、

久代萌美アナ 、「ワイドナショー」にも出ているが、

全然しゃべらない、進行しない、局アナとしては、

ダントツ、いや、局アナ史上、本当にしゃべらない。

下手をすると、気を抜いている。

この子です。

ana.jpg

ここまで、しゃべらない子は、

ある意味、凄いことです。

そのうち、さんまののではなく、


「久代萌美のおしゃべり向上委員会」になっても良さそうだ、


陥落している、今のフジテレビなら、やるべきでしょう!


今度、そんな目で、番組、見て下さい。

いや、みんな、気付いているか?


ちょい可愛いから、気がかりなのかな?


【 2019/02/04 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

昨夜のEテレ達人達「糸井重里×芦田愛菜」凄い!



昨夜のNHK、Eテレ、夜10時の番組「SWITCHインタビュー 達人達「糸井重里×芦田愛菜」、


凄く、面白かった、


今回は、糸井の希望で、56歳差の芦田愛菜をご指名。


これは、糸井としては、さもありそうな相手ではなく、爺さんと孫ほどの年齢さに


何か、新しい、会話の化学反応?を期待してか。



まずは、糸井が芦田のこれまでの経緯や、当時のドラマでの心境、心構えなど聞き出す。


糸井は、大人は、子供について、まだまだわからないだろうとタカをくくって対応しているが、


子供は、大人を冷静に見ていると、


だから、あなたも、どうでしたか?の問いかけに、


”全部ではないですが、それなりに理解、いや、大人を見てました。”と。


それから、次々の門答に、ためらいもなく、どんどん言葉の言い回しが


頭の回転はもちろんだが、ちゃんと自分を客観視、


よどみなく、テンポよく、


芦田はまだ14歳なのだが、糸井は、ちゃんと敬意を払った言葉遣いで会話が続く。


芦田の、その返答ひとつひとつ、名言なのである。


芦田は、根っからの本好きは有名だが、その影響もあるのか、


言葉が、文学的である。



後半はスィッチして、


芦田から、糸井の質問となるのだが、


ここから、糸井のちょっと理屈ぽい返答に翻弄されながらも、


これも、すかさず、それは、こんな意味ですネみたいな、


自分なりの見解を堂々と返している。


1時間、時間を忘れるぐらい、


ふたりのやりとりが、大人と子供の対談ではなく、


もう、しっかりとした大人対大人の図式。


その中でも、芦田が放った言葉が、大人越え、


「挫折があるから、その後の自分が楽しみ。」みたいな言葉をのたまう。


通常、14歳が語る、言葉ではない。


下世話な大人世界にまみれて、子役時代に培った産物もあるだろうが、


自分の立ち位置を、ちゃんとわきまえ、生きている。


また、自分は見栄ぱりなとこもあるし、と言う。


人は自分を着飾る、なかなか、そう簡単に使えない言葉も平然と。


さとっている。


糸井も、感心する。



芦田は糸井のコピーで、


映画ジブリ作品「火垂るの墓」のメインコピー、


”4歳と14歳で、生きようと思った・・・”がいいと。


糸井は、それに、


あの時代だから、良かったが、


今は、その含み指数の言葉が、伝わらないだろうと分析する。


答えを、確実に導き出さないものに、反応しないと。


私もなるほどと思う、昨今の映画など、とにかく、最後にはしつこいほど、これでもかこれでもかの言葉と映像で、


ラストを締めくくり、腹いっぱいにさせる手法。


昔の映画なら、特にヨーロッパ映画なら、いきなり答えまで行かずエンディング、


それは、あなたなりの解釈、いや、これまでのストーリーで理解できるでしょうが、あったが、


現代は、それが無理になってきている・・・。


そう、想像の脳が、弱くなっているのだろう・・・


横道それました・・・



とにかく、


今回、糸井と芦田の本音の会話を、


どれだけ、理解して見ていた視聴者いるのだろうか・・・


すぐさに、チャンネル変えた人も多いだろう・・・。



とても深く、意味のある、二人の世界観。


久々に、堪能しました。



*それが見たい方は、NHKオンデマンドで、


NHKの広報か!私は!

【 2019/02/03 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

今更に小室圭氏!


さかのばれば、

最初に

スクープされた電車内のお二人の睦まじい?デート写真に

違和感というか、

何か、彼に、不良感、たとえは難しいが、

いやらしさが透けて見えたのは私だけでしょうか・・・・


そして、

婚約内定の記者会見の運びとなり、

あれを見て、

月や、太陽やら、まるで初々しいロマンチック?お二人に、

国民の大多数は、あたたかく祝福していたが・・・


で、


案の定か・・・

女性誌で、彼の母の金銭問題が発覚。

詳細は、

メディアで連日、とりあげているので割愛するが・・・



要は、借金どうのこうのでない。

この問題に、どう、対応するのかが、問われているのだ。


誰にも苦い過去もある、叩けばちょいホコリも出る、

全員と言うわけではないが、それが、人間というもの。


それが、

面だってしまった時、、問題化したときに、

どう矢面にたつか、

そこに人となりが現れる。


世の中、

法律的にはセーフだからいいという風潮が蔓延している。

情緒のない世相になってしまった典型が、

彼の対応だ。


かれこれ問題化して、1年間、棚上げ、いや敵前逃亡?

とうとう、業を煮やされ、

せっかれて、挙句は、

あの文面での解答。

一方的な解決済みの解釈。

法的には何ら問題ない、あれは、”贈与”だから、

今更、とやかく言われる筋合いはないのような返答。

まさに、相手に対する感謝、敬意など、感じられない。


どんな親しい関係にあっても、

人に金銭の援助をお願いする時に、”ヘルプ”の言葉は、どうだろうか、引用するだろうか?

一連の母子の対応は、まるで、相手を財布扱いのようだ。

主従関係を、ヘルプの言葉で、示している。

空しい。




一般的な結婚ではない。

国民が注視する結婚である。


そのお立場の人と、なおさら、結婚をするということは、

きちんとしたビジョンをもってして、

生活の土台となる立場をもってして、

覚悟をもって、望まなければいけない。


開かれた皇室の風潮をいいことに、

交友関係になって、すぐさに、プロポーズ。

これも、若さゆえの暴走では済まされない。


コロコロ職業変えに、終始し、

さらに、周りの援助(悪く言えば借金体質?)で、留学、国際弁護士を目指す。


なら、

なってから、一人前の大人になってから、

結婚を申し込めばいいのだ。


見切り発車の電車は、

やがて、脱線にもつながるのだ・・・。


大人になりきれない・・・

子供のままごと遊びには、

国民は納得はしない!




と、えらそうに・・・

世間相応のブログを書きなぐりましたが・・・


結局、私の関心は、


二階堂ふみ様のことは、もちろん、

今は、松本穂香にも食指をのばそうとしている・・・

それが、人間の業というものか?


すみません。


誰、その子?でしょうネ。

大ヒットしたアニメの「この世界の片隅で」のテレビドラマ化の主役のすず役の子、

残念ながら、この子に罪はなく、ドラマ脚本として評判は悪かったですが・・・

映画も「アストラル・アブノーマル鈴木さん」で、主役をはって、頑張ってはいますが・・・

やはり、わかりたすいのは、あのauのCMなら、「あ~、あの子かと。」





これが、一番、いいです。

可愛いですネ。

【 2019/01/29 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

テレビ局も必死!



ここ最近、


民放やNHKは、


平気で、自局番組中でも、他局の名前や、他局の番組名は、


アナウサーやタレントも口走っている。


昔なら、


命取り、極みないことだった。


1週間前だったか、NHKの新春特番、恒例というか、2回目か、夜11時に


昨年のテレビドラマベスト10をとりあげて、その作品の感想や、


ドラマの傾向を分析している。


1位は、下町ロケット、


2位は、不動の人気の相棒と・・・


だいたい、みなが知っている認知度、そして視聴率と連動している。


みな、臆せず、業界人やタレントなどたちが、奥歯に物がはさまった物言いではなく、


感想、出来、言い合っている。


NHKで、他局番組を分析している。堂々と・・・


去年も、この特番をみて、「過保護のカホコ」など、とりあげていたりして


NHK、やるじゃないか!と面白がったが、


今回も、またまた面白い!


上記にあげたドラマベストテンは、


答えた方々が、何番組あげてもいいという条件でのベストテンだが・・・


”1番組だけ”と限定すると、様相が変わってくる。


あの戸田とムロの「大恋愛」が入っていたり、


また、昨年ブレイクした、テレ朝の「おっさんずラブ」も入っている。


その番組をプロデュースした20代後半の女性も呼ばれ、


話題の経過を語る。


1話目から、視聴率惨敗で、肩身の狭いをしていたそうだ・・・


それから、さほど視聴率は低迷のまま終わった事実なのに・・・


SNS効果もあり、、番組終了から話題が盛り上がってきた経緯を語る。


また、

バラエティ等々、


今、置かれているテレビの現状、


そして、未来のテレビのカタチを


各意見を交換している。


NHKが先頭にたって、


今後のテレビを憂うから、そこが面白い!


これも、


ネット番組、動画配信の勢力からくる危機感というより、


どう、テレビの今後の立ち位置を探っているのだろう・・・


テレビ局として、垣根をこえて、


昨年も、NHKが、画期的なことだが、他局とのコラボ番組をやっていて驚いていたが・・・



それは、もう、序章に過ぎない・・・


今後も、もはや、テレビ局連合軍として、


向かっていかなければならない時代なのだろう。


いいことであるが、


うわっつらの仲良しごっこでは意味がない。


みな、番組企画を競うのは大前提だが、


臆病なほどのコンプライアンス意識に翻弄されず、


戦って欲しい!


「水曜日のダウタウン」のような、あのクロちゃん騒動のような討ち死では意味がない。


テレビ大好きっ子の私には、テレビよ、永遠なれ!です!


【 2019/01/12 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

紅白、久々に良かった!



平成最後の力が大きかったのか、


エンディング、ユーミンと桑田で、「勝手にシンドバット」で、奇跡の共演。


ユーミンの懐の深さを感じる。


それを、”ユーミン、ありがとう!”を連呼する桑田。


二人が、ずっと、一線、愛されてきた事を確認できるヒトコマ。


まあ、後にも先にもないだろう。


その上、横に、サブちゃんまでいるのだから・・・


NHK、紅白のたまもの。


これぞ、国民行事、イベントの代名詞の本領発揮!



総体的に、NHKの今回の演出は、


NHKの底力をまざまざと見せ付けられた。


アーティストして、特出なのは、MISIAの歌。


圧巻のステージは、凄い!


余韻覚めやらぬ、米津玄師の後だけに・・・・


それを、はねのけ、声が出る、ミーシャ半端ない!


米津も、地元での中継だったが、


初めての生歌。


CDどおりの歌唱も、お見事。(よく生歌はあれ~っ!いうお方はごまんといる)


歌い終わりに、自らの言葉で(初めてお声をきかせてもらった・・・)、


幻想的多数のローソク使いのステージにこの舞台を設けてくれたスタッフに感謝申し上げます」と、


ちゃんと、大人のお言葉、


この方も、人柄がいいのがわかる。


中継でも、福山雅治には、俺は当然的な傲慢さを感じてしまうのは私だけではないでしょう。


アンタの夏の甲子園のテーマソングは、さほど支持されなかったのを、わかっているのか。


その歌は、甲子園児に贈る歌ではなく、自己陶酔の歌に終始に、


大御所になると、こうなる悪い見本。



ピヨンチャン冬季オリンピックのNHKのテーマソングの「サザンカ」は、


セカオワはちゃんとホールで、あの感動を呼び起こしてくれました。



それに引き換え、、あのサッカーのワールドカップのテーマソングは、当時、酷評だったのに、


しら~っと、歌っている、名前も存じ上げないし、共感なし。


それも歌い出し前の言葉が、「あの臭くて汚いライブハウスからやっってきました・・・」とのたまう。


おい、ギャグのつもりかしらんが、不快そのもの、


あんたら、そこから、そのライブハウスで鍛えられて、今が、あるんじゃないか!


リスペクトしろ!ライブハウスに!


チャンネルを変えました!


私も、


紅白ばかりを見てるわけでもなく、


せわしく、


ライジン、井岡のボクシング、


ナスDの無人島にころがる古い、腐ったペットボトルの残液体を

あれも、これも、これ、やばいかもと言いながら、一気に飲み干す!

ナスD、相も変わらず、野人、まっしぐら!


横道、それてきました・・・。


紅白、紅白、


剣玉でギネスもご愛嬌のヒトコマ。


チコちゃんも、”ボ~ッとしてない!”ネ。


石川さゆりの「天城越え」には、可愛そうに


冒頭から、震度3のテロップ、津波はありませんの連続3回流れる。


せっかくの布袋との共演も、水を差す。


でも、やっと、はずれたら、そこからがいい。


布袋のギター、やっぱ、これも半端なく上手い!


石川さゆりより、布袋のギターテクニックに耳がいく!



そうそう、


あの”ゆず”。

年末に肩透かし?の重大発表があります発言で、世間から批評を浴びる。

過去、あの海老名みどりの重大発表記者会見開きますで、

マスコミも、峰との離婚かと色めきたったが、結果、小説、書きましたで、総スカンを彷彿。


今、歌っている、アンタラの歌は、自然災害被災者にエールを贈る歌なのに、


よくまあ、そんなことが出来るのかネ。


天狗になっている。


路上ライブで這い上がってきた事の初心を完全に忘れている。


偽善者のように、いい子ぶった歌、エセです!が露呈。



”集牧”のいきものがかりは”ジョイフル”ですか・・・

観客までタオルふり強制の上、ジャンプまでも!

あ~みな大変、

その歌、旬ではないから、無理やり、のらされるのもネ、

自分たちのコンサートで、やるのならいいが、

ここは紅白、大人しめに、定番の”ありがとう”で無難にすればいいのに・・・

なんか、無理やり盛り上げが痛々しい。



松田聖子も空気を読めない選曲。


ちゃんと、ユーミンが「ひこうき雲」、「やさしさに包まれたなら」、


サザンは、「希望の轍」、「勝手にシンドバットと、歌っているのに、


最初の「風立ちぬ」はいいとし、

次は、「ハートのイヤリング」、「天国のKISS」、「渚のバルコニー」です???????

そうじゃないでしょう。

ラストはせめて、「赤いスィートピー」でしょう。

聖子ファン、いや、ファンでなくとも、半端ない肩透かし感。


だから、あんたの根性が丸見え!

そら、お世話になったサンミュージックから、飛び出すのもうなづけるヨ!



司会では、


内村はやっぱ、いい仕事してる。


その場の空気を呼んで進行している。


ただ、ダ・パンプのUSAは悪のりし過ぎ!


イッサの横で、歌っちゃいけんでしょう。



桜井の安定感はいい、


広瀬すずのそれなりに頑張っていましたネ、


ただ、可愛さにちょい、陰りが・・・・失礼発言、すみません。


桑子真帆が、意外にも、あまり、使い物になっていない。



なんやかんや、書きなぐりましたが、


やはり、大晦日の風物詩も死語となってきた、紅白も、


今回は、面目躍如の起死回生のいい番組でした。


拍手!パチパチパチ・・・・・・

【 2019/01/01 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)